花粉症対策

皆様こんにちは。今回は神戸院の受付が担当いたします。

いよいよ花粉症の方には辛い季節到来となりました。。。。。

ここ数年、暖冬の影響で早く花粉が飛散し1月頃から目や鼻の症状、咳など呼吸器症状をきたす方が増えているそうです。

対策としては症状が出る1~2週間前から始めることが非常に有効とされています。

飲み薬だけでなく、点眼液、点鼻薬の使用も効果的ですが、お薬以外の花粉症対策について調べてまました。

花粉症対策で一番大事なことは、『花粉から離れること』につきます。

まずは外出した時の注意点は、マスクの着用です。花粉を舞わせた空間に1分間いたときに鼻腔内に付着した花粉を測定すると、マスクのないときに比べ、マスクを着けると鼻腔に付着する花粉量が1/3~1/6になります。

また同じ実験で眼鏡をすると角膜内に付着した花粉量は眼鏡なしのときに比べ、通常の眼鏡の場合2/3に、花粉症用の眼鏡の場合は1/3になったというデーターがあるそうです。

次に帰宅した時の注意点は、花粉を家に入れないことは非常に重要となります。

花粉は温度が上がってくると飛散量賀多くなります。ただ日によって寒い日もあるため、ウールなどの起毛素材を着ると花粉をいっぱい捉えてしまいます。花粉の付きづらいナイロン、ポリエステル、革などの素材の服を着るのがおすすめです。

また静電気は花粉を引き寄せてしまいますので着合わせにも要注意です。

服を洗う時に柔軟剤を使うことにより中に含まれている界面活性剤によって静電気を防止することができます。静電気防止、花粉防止スプレーなど併用するのも効果的です。

意外にも無防備になるのが頭です。

髪の毛に花粉が多く入り込みやすくなっています。帽子をかぶることも効果的です。

外から帰って来たら、アウターについた花粉は玄関の外で落としておきましょう。

はたくと花粉が舞い上がってしまうので、コロコロなどを使った方が安全です。

洗える素材なら、なるべく毎回洗った方がいいでしょう。

洗った服を外干ししてしまっては意味がないのでできるだけ中干しにした方かいいでしょう。空気清浄機は玄関で使用すると効果的だそうです。

目の周りや鼻の周りにワセリンを塗ると、それぞれの粘膜に花粉が入りづらくなることがしられています。鼻へは、鼻腔の内側にキワの部分に綿棒で転がすように塗り込むといいそうですよ。今シーズンにぜひお試しください。

延原

梅流しで胃腸をスッキリと

皆さまこんにちは。

今回は東加古川院の看護師が担当致します。

冬はお正月から色々と食欲も旺盛になり、代謝にお困りの方はいらっしゃらないでしょうか?私はカニ鍋にふぐ鍋、おせちにお餅にとたくさん食べることを繰り返し、大きくなった胃にあわせて食べ続け、太ってしまいました。さらには暴飲暴食に伴う胃もたれや腹痛が生じたりしました。そろそろ胃腸の調子も整えながらリセットしたいと思いました。

そこで最近SNSで注目されている【梅流し】を実践してみました。

梅流しとは煮た大根と梅干しを一緒に食べると、腸内環境が整い、便通が改善するといわれる食事療法のことです。その効果の秘密は、大根と梅干しに含まれる成分にあります。
大根には多くの水分と食物繊維が含まれ、梅干しにはクエン酸が含まれます。食物繊維が便通の改善に効果があることはよく知られていますが、クエン酸にも、腸の働きを悪くする悪玉菌の増殖を抑える作用や、腸に刺激を与え、便を排出させるぜんどう運動を促す効果があるのです。大根と梅干し、ふたつを組み合わせ、大量の水分とともに摂取することで、便通の改善が期待できるそうです。

★材料

大根:1/2本
梅干し:2~3個(はちみつ着けではないもの)
水:1.5L
昆布:15g(味噌味もいいらしいです)

★作り方

①鍋に水を入れ、昆布を加えて30分〜1時間ほどつけておく。
②鍋を火にかけ、沸騰する直前で昆布を取り出す。
③皮をむき約1cmの厚さに切った大根を鍋に入れて、弱〜中火で20分程度煮る。
④ほぐした梅干しを加えて、さらに5分程度煮て完成。

食べ方は煮汁を先に半分量ほどゆっくり飲み、そのあとに大根と梅干しを食べ、また煮汁→大根→梅干し…という順番で、ひたすら食べ続けていきます。

水分も多くお腹いっぱいになりやすいです。40分~50分ほどかけて食べ終わり、様子をみていると、30分も経たないうちにトイレに行きたくなり、その後はしばらくトイレとお友達状態でしたがとてもスッキリし胃腸の不快感も解消しました。

腸内環境をリセットされたい方に是非お勧めです。

宮原1宮原2

今週のお花

皆様、こんにちは。

今年はうるう年ですが、うるう秒も存在することをご存じでしょうか。

うるう年のように規則的にやってくるものではなく不規則に挿入されるので、次回はいつか明らかにもなっていません。なんだか次の「うるう秒」が気になりますね。

それでは今週のお花をご紹介いたします。

IMG_3568 IMG_3569

メイン

*アルストロメリア(ミストラル)

*コーディライン(スノーホワイト)

*レンギョウ

*白桃

 

IMG_3570

サイド

*チューリップ(プリティウーマン)

 

ご来院の際はぜひご覧ください。

今週のお花

皆様、こんにちは。

ここのところ悪天候で、スッキリしない日が続きますね。また寒くなるそうなので体調を崩されないように気をつけてくださいね。今週は可愛い桃のお花をいけてくださいました。

それでは今週のお花をご紹介いたします。

IMG_3364 IMG_3365IMG_3366

メイン

*ストック(マリンアイアン、ディープイエロー)

*桃

IMG_3368 IMG_3367

サイド

*スイートピー

 

ご来院の際はぜひご覧ください。

生姜シロップ

皆様こんにちは。今回は神戸院メディカルエステが担当させていただきます。

今年の2月は気温の変化が激しく、寒くなったり急に暖かくなったりと体調の変化も気になるこの頃です(^^)/

この時期になると寒暖差やお部屋の暖房によって乾燥が目立ち、朝起きるとなんとなく喉のイガイガや体の不調を感じやすくなります。

冷えや不調が気になるときは幼少期から母がよく【生姜シロップ】をお湯で割って飲ませてくれていました。何気なく飲んでいるドリンクですが、調べてみると免疫力アップや便秘の改善など、他にもさまざまな効果を発見。ぜひご紹介していきたいと思います(^^♪

生姜にはショウガオールやジンゲロール、ジンゲロンなど様々な成分が含まれており、シロップにすることで効果的に摂取することができます。

・殺菌・抗菌・抗炎症作用

生姜には、強い殺菌・抗菌作用があります。この作用により、食材に対しては保存性を高めるなど、お寿司の時に食べるガリもその1つと言われています。また、口腔内や喉への作用として、風邪の菌やウイルスへの殺菌効果が期待できます。喉の痛みや腫れを感じた際には、抗炎症作用も働きかけるので、痛みや腫れの緩和にもつながります。

・基礎代謝をアップさせる

生姜に含まれる成分により血行が良くなり体温が上昇することで、代謝への促進に繋がります。基礎代謝がアップすることで、発汗作用や、体脂肪燃焼などにも効果があります。

・冷え性の改善と免疫力の向上

生姜の効果で身体を温めることによって血行が良くなり、冷え性の改善へとつながります。

一般的に、体温が1℃下がると、免疫力は30%低下するといわれています。逆に、体温が1℃上がると、免疫力は一時的に5~6倍上昇することも分かっています。一見冷え性でないように感じていても、もし基礎体温が36,0℃未満であれば、加熱した生姜や生姜シロップを継続的に摂取することで、体調が良くなるなど体質改善・免疫力の向上などが期待できます。

・腸内環境を整え便秘の解消へ

現在では、様々な商品開発の工夫により、便秘解消効果の高いものが増えてきています。生姜自体に含まれている消化吸収を助ける作用に加え、はちみつなどのオリゴ糖を含む原料を使用して作られた生姜シロップは、腸内環境を整えます。生姜ごと摂取できると、生姜に含まれる食物繊維によって便秘解消への効果が期待できるので、便秘で悩んでいる方には生姜入りのシロップがオススメです。

他にもおろし生姜や、千切りなど。食材と煮る、漬けるなどお料理にもいろんな使い方ができますね。積極的に生姜を摂取して免疫力をアップさせましょう(^^)/

関口