アサリを使ったお勧めレシピ

皆さまこんにちは。春の過ごしやすい季節が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は今年も恒例の潮干狩りに行って参りました。とても暑かったですが、あさりが沢山取れ子どもたちも大喜び。とても良い思い出になりました。さっそく取れたあさりを調理し子ども達と美味しくいただきました。

あさりにはどのような栄養が多く含まれどういった効果があるのか調べてみました。

・体をつくる「たんぱく質」

・丈夫な歯や骨をつくる「カルシウム」

・正常な味覚を保つ「亜鉛」

・貧血対策ができる「鉄」

・造血のビタミン「ビタミンB12」

・生活習慣病の予防「タウリン」など、体に取って欠かせない栄養素が豊富に含まれているということでした。

私のオススメのあさりレシピを一つ紹介したいと思います。

❀あさりのバター酒蒸し❀

○材料 (2人分)

あさり(砂抜きしたもの)250g前後

日本酒60ml

醤油小さじ1

バター12g(大さじ1)

小ねぎ(小口切り)大さじ1

にんにく(みじん切り)大さじ1

○作り方

1、鍋にあさり(砂抜きしたもの)とニンニク、日本酒を入れて、フタをして強火にかける。

2、沸騰してあさりが開き始めたら弱めの中火にして1分半。

3、弱火にしてフタをあけ、バターを加えたら静かに鍋をまわしてバターが全体に行き渡るようにする。

4、器に盛り付けて、小ねぎを散らして出来上がり

残ったらパスタにかけてボンゴレビアンコ風にアレンジできますよ♪

また作ってみてくださいね。

谷山1

お箸の文化について

皆さまこんにちは。

今回は看護師が担当させていただきます。

いつも食事で使用するお箸。日本ではいつから使用されているのでしょうか?

弥生時代末期に、1本の竹を折り曲げたピンセット状の「折り箸」が遺跡から見つかっています。ただこれは催祀や儀式用の祭器として神に配膳するために使用していたと思われます。

お箸を食事に用いるようになったのは、飛鳥、奈良時代です。この時代は中国との交流が盛んな時代。遣隋使の小野妹子達が箸と匙を一緒に持ち帰り、次第に民衆にも広がっていった様です。

お箸の文化は世界では3割を占めるそうです。

小松 may

箸食文化圏 28
(中国・朝鮮・台湾・日本・ベトナム)
箸の起源は古く紀元前16世紀中国

カトラリー食文化圏 28
(ヨーロッパ・アメリカ・ロシア)
セットされた食べ方は17世紀フランス宮廷から

手食文化圏 44
(東南アジア・中近東・アフリカ)
ヒンズー教やイスラム教では、食物を口に運ぶのは右手のみ

こうして見てみると、一番驚いたのは手食文化圏が一番多かったことです。

カトラリーとお箸を使う国は、同じくらいの割合なのですね。

箸文化圏でも、様々な違いがあります。

自分専用の箸を使うのは、日本独自の文化だそうです。

バースデーキャンペーン!

こんにちは。

今回は東加古川院受付が担当させて頂きます。

皆様、当院のバースデーキャンペーンはご存知でしょうか?

長く通われている方はお誕生日月にお得な施術を受けられる方がたくさんいらっしゃいます。

この度、新しくダーマペンがキャンペーンに追加されましたのでお伝えさせて頂きます。

*お誕生日月は皮膚科の施術を通常価格より20%OFFでお受けいただけます

- 11,000円以上の皮膚科施術が対象

- 回数券・キャンペーンは料金より5%OFF

* お誕生日月は特別価格のI~Ⅵの中からお好きな施術+A~Gを1つセットでお受けいただけます。(追加料金があります)

- 有効期限 2ヶ月

- ダーマペンのオプションを追加する場合は追加料金がかかります

Ⅰ、レーザートーニング1回 27,500円

Ⅱ、ノーリス1回      27,500円

Ⅲ、フラックス(部分)   35,200円

Ⅳ、フラックス(全顔)   40,700円

V、ヒアルロン酸3本    165,000円

Ⅵ、ボトックス2カ所    44,000円(えらは除外)

A、レーザートーニング

B、ノーリス

C、メソナJ

D、フラックス      +11,000円

E、ヒアルロン酸1本   +55,000円

ボトックス1部位   +11,000円

えら         +33,000円

F、PRP(全顔or部分) +55,000円

G、ダーマペン      +5,500円

何を受ければよいか迷われている方は、無料カウンセリングも行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

ご予約お待ちしております(^^)

依藤

今週のお花

皆様、こんにちは。

雨天が続いておりましたが、久しぶりに良いお天気となりました。

日差しがすっかり春で気持ちが良いですね。

 

それでは今週のお花をご紹介いたします。

 

IMG_4636

IMG_4637

メイン

*ソメイヨシノ〈優雅な女性〉、〈精神の美〉

*トルコキキョウ〈希望、優美〉

 

IMG_4638

サイド

*カンパニュラ〈感謝〉

 

ご来院の際はぜひご覧くださいませ。

皆様、こんにちは。今回は神戸院受付が担当いたします。

3月に入っても寒の戻りがあったり、晴天の日は花粉が大量に舞っていたり…体調管理が大変な季節ですね。

先日、テレビで体温を上げると免疫力もアップするという話が取り上げられていました。

健康な人の平熱は36.5~37.1度と言われています。

ですが、最近は平熱が36度以下の低体温が増えているようです。低体温の原因は筋肉量の低下だということです。

体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も下がってしまいます。体温を上げて、免疫力をアップしたいものです♪

では、体温をどのようにして上げるのか? 少し調べてみました!

先ずは、筋肉を鍛える事が必要だそうです。毎日の生活で適度な負荷をかけ続ける事で、筋肉が維持できます。人間は筋肉の7割が下半身にありますので、効率よく筋肉を鍛えるには歩くことが最適ではないでしょうか。

1日に30分歩きましょう!!

続けて30分歩くことが出来ない場合は15分を2回、10分を3回でもよいです。毎日続けて、3か月後には効果が期待できるそうですよ♪

あと、生活習慣に取り入れると良いことが4つあります。

① 入浴 1日1回湯船に10分程度浸かる 大体、体温が1度上がります

② スクワット ふくらはぎや太もも、腰の筋肉を一度に鍛えることが出来ます。入浴と併せるとよく眠れます♪

③ 白湯を飲む 最も体温が低い朝に飲むことで体が温まります。

④ GABAを多く含む食品を摂る ストレスを緩和する食品を摂って

体温の低下を防ぎましょう かぼちゃ、ジャガイモ、トマトなどに

多く含まれています

日常に取り入れやすいですよね。

体温を上げて健康な日々を送りましょう♫

伊藤